美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > エッセイ・評論 > ロスの青い空―娘 福子と裁判員制度を考える

ロスの青い空―娘 福子と裁判員制度を考える

著者
草刈保廣
サイズ
四六判
196ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-181-0 C0095
発行日
2011/06/20
本体価格
1,300円

個数  

娘福子はなぜ殺されなければならなかったのか!
         2005年12月1日、愛する娘がロスで殺害された。
         父親が綴ったその裁判記録と勝訴までの道のり。

 ――――――――――――――

          この本には
          私の友の涙がある
          一人の男の哀しみがある
          一人の父の慟哭がある

               夜回り先生 水谷 修

 =================================

( 目 次 よ り )

 娘 福子

愛する末娘――誕生から大学卒業まで
夢をかなえるためにアメリカへ、そして結婚
突然の電話「福子が殺された……」
アメリカでの裁判始まる
福子の遺したもの


Ⅱ アメリカでの裁判――陪審員制度

福子に何があったのか――民事裁判の訴状をもとに
実際の裁判の記録
アメリカでの陪審員制度を経験して
日本の裁判員制度導入について思うこと