美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 冬の薔薇 木村孝夫詩集

冬の薔薇 木村孝夫詩集

著者
木村孝夫
サイズ
A5判変型
76ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-215-2 C0092
発行日
2011/07/10
本体価格
1,500円

個数  

詩集『冬の薔薇』について、その創造の核心はイメージでも言葉でもモノでもない。端的に「痛み」である。あらゆる存在の理由は虚ろである。存在と自己の衝突である「痛み」には必ず理由がある。その痛みが覚醒をもたらし、浮遊する人間の位置を決める。やさしい言葉遣いにもかかわらず、私たちが受けるある種の晦渋な印象は、そのまま想像力に溺れることを忌避する詩人の良心、つまり彼の美意識におけるリアリズムの水準の高さである。
                            
(帯文より)

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

   モノクロの薔薇の表紙に綴じられた、
   うつろう季節の一瞬をとらえる散文詩。
   「ラムネ色の短い時間」「曼珠沙華」「春寒」など30篇。


 鉛筆で大きな丸を一つ画いて、終わりにしようと思っている。
 画用紙一枚に、画き切れない重さがあったのは暑い夏。そし
 て大きく乱れた時間の破線。その線上に心ねを置くと、寂し
 さを載せた先に、冬の番薇が咲いている。
                  
                   (「冬の薔薇」より)

               *******