美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌 > 高層言語伽藍 木村彌一詩集

高層言語伽藍 木村彌一詩集

著者
木村彌一
サイズ
98ページ
製本
ハードカバー
ISBN
978-4-86000-216-9 C0092
発行日
2011/10/01
本体価格
2,000円

個数  

言語の限界が世界の限界であると述べた哲学者は、
語り得ないことについては
人は沈黙せねばならないとも言った。
木村彌一というおそろしくストイックな詩人は、
言語と非言語の国境の位置で、
語り得ないことがらの土壌にこれらの詩篇によって
「高層言語伽藍」を構築したのである。
あなたがこの詩集を読むことによって、
書かれていない「祈り」を聞くとしても、
それは決して空耳ではない。


――――――――――――

      微笑みひとつで
      くらやみがたいさんするのか
      そんなかんたんなことで
      世界があかるくなるのなら
      太陽や月はいらない

      もんだいは
      微笑みひとつではなくて
      ただひたすらに
      微笑もうとする意志だろう

        (「微笑救世主」より)

―――――――――――