美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総目録

総目録

表示順:

1~10を表示中  (総目録の数:359)

詳細へ

著者
西 純子(文), 鎌倉 麻衣 (絵), Sean Perez (翻訳)
ISBN
978-4-86000-420-0 C8793
本体価格
1,800円

追加  

              この度はこの絵本を手にしていただき感謝申しあげます。  私はこの絵本を書いた被爆二世です。  実母が今から74年前に実際に被害に遭った広島原爆を綴った文書を元に書きました。  2011年、東北地方太平洋沖地震により福島原発事故が起き... 詳細

詳細へ

著者
長谷川治代
ISBN
978-4-86000-414-9 C0095
本体価格
1,200円

追加  

          こころあたたまる 動物家族のおはなし           この作品は、私の久しぶりのCD「永遠のひと」を発表したことと、 ラジオ日本の「北さんの唄北道中」という毎週金曜日放送の番組に出させていただいたことに始まります。  その折、はるよさ... 詳細

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-416-3 C0095
本体価格
1,400円

追加  

       名作を散策するよろこび。   文豪に出会う驚き。             小田の水沈む夕陽にきららめく       きららめきつつ沈みゆくなり       こうして辿ってみると、沈む夕陽に中也を重ねてしまう。 消えゆく直前の命の輝き。 才能が... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-417-0 C0495
本体価格
800円

追加  

  特集  ユーレイ・ghost 木澤 豊   わが幽霊たち一色真理   鬼になった父親北口榮一   幽霊 井上靖と安藤更生、ちょっとだけ幽霊の話奥村和子   生霊になってライバルを殺した女 源氏物語、六条御息所の嫉妬水崎野里子  エドガー・アラン・ポーと幽霊高丸も... 詳細

詳細へ

著者
中尾彰秀
ISBN
978-4-86000-411-8 C0092
本体価格
2,000円

追加  

           論語に「子、怪力乱神を語らず」という言葉がある。   子とはもちろん孔子のことであるが、中尾彰秀は語らぬどころか、   その怪力を演じ乱神を舞い踊るのである。   言い淀みつつ言いつのり、音速を超えたところで、吃音で畳み込む。   「... 詳細

詳細へ

著者
左子真由美
ISBN
978-4-86000-415-6 C0092
本体価格
1,800円

追加  

      「過去と未来」「あなた (世界) とわたし」の   交差点に読者は立たされるだろう      ――――――――――――――――――――                        闇から光へ                 滅びと ほころびと  ... 詳細

詳細へ

著者
根本昌幸
ISBN
978-4-86000-413-2 C0092
本体価格
1,300円

追加  

      根本昌幸さんは、不慮の事故によって娘夫婦を亡くし、 原発事故によって故郷浪江を追われ、70代で高校生の孫を 育てている。それでも、『桜の季節』は、不幸せではなく、 幸せについての詩集である。根本さんの書く幸せは、見る、 聴く、働く、食べる、飲む、育てる、... 詳細

詳細へ

著者
田井千尋
ISBN
978-4-86000-409-5 C0092
本体価格
2,500円

追加  

          50文字で綴る画期的詩集           詩人・田井千尋の紡ぎ出すことばは、かそけき自然の移り変わりを   全身で感受し、日本の四季の美しさを繊細に謳いあげる。   日本の伝統的なことばと現代のことばの美しい融合がここにあり、   ... 詳細

詳細へ

著者
POの会/編
ISBN
978-4-86000-412-5 C0495
本体価格
800円

追加  

  特集 モダニズム   村田辰夫   「モダニズム」を俯瞰す河内厚郎   もうひとつの「モダニズム」新屋 進   芦屋写真モダニズム ―新屋 進の新・写真論中村不二夫  生活詩派の言語モダニズム体験 ―高田敏子・近藤 東のモダニズム離脱―山田兼士   ボードレー... 詳細

詳細へ

著者
金鍾泰 詩/韓成禮 訳
ISBN
978-4-86000-402-6 C0292
本体価格
1,200円

追加  

     現代アジア詩人選 №1       かように濁りのない言葉、精錬された言葉に、   日本の現代詩は驚き、嫉妬するだろう。         この詩人は自分の経験してきた人生を歌いながら生成と消滅、生と死、存在と不在などの相反する属性が一つの体とし... 詳細
1~10を表示中  (総目録の数:359)