美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 総合詩誌POとは > 173号 モダニズム

173号 モダニズム

173号 モダニズム

村田辰夫   「モダニズム」を俯瞰す
河内厚郎   もうひとつの「モダニズム」
新屋 進   芦屋写真モダニズム ―新屋 進の新・写真論
中村不二夫  生活詩派の言語モダニズム体験 ―高田敏子・近藤 東のモダニズム離脱―
山田兼士   ボードレールとフランス・モダニズム芸術 ―マネ/ドビュッシー/コクトー
太田充広   『モダニズムとは何か』の一考察
たかとう匡子 関西女性モダニストの悲しき内面 ―日高てるの孤軍奮闘
榎 千恵   珠玉のモダニズム文学 ―ヴァージニア・ウルフ「キュー植物園」
西田 純   マーラーの詩と音楽「少年の魔法の角笛」「大地の歌」
深尾幸市   横光利一 モダニズム幻想集『セレナード』
寺沢京子   オーウェルのメッセージ
中西 衛   停滞と混沌の中で ―モダニズム
中島省吾   長谷川テル
梶谷忠大   試論 モダニズムの視点から見る新興俳句(上)
尾崎まこと  近・現代の超克としての詩のモダニズム ―人間の変容
美濃吉昭   建築の造形理念であったモダニズムについて
中田豊一   国際協力の現場に見出した現代の正体 ―化石燃料文明論という仮説に挑む

詩のみ、ホームページも公開しております

その他の分野の作品

特集と以下の作品は「総合詩誌PO」をお求めになってお読みください。

扉詩 青島江里・・・風のゆび
ピロティ 梅澤昌子・・・世界の難題を伝えるウェブ図書館
舞台・演劇・シアター 河内厚郎・・・日本演劇史に残る「動く錦絵」
エンジョイ! シネマ 藤谷恵一郎・・・『パッセンジャー』―悲しみのモチーフと感動のテーマ
ギャラリー探訪 尾崎まこと・・・Club SEI-G 写真展
一編の小説 門脇吉隆・・・アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』
一冊の詩集 加納由将・・・浅井美代子詩集『旅の賦』~リュウマチと共に~
エッセイ 原 詩夏至・・・次世代に伝えたい詩 この横転する世界の海底で
翻訳 サリー・サチコ・イトウ/水崎野里子 訳

      ・・・カナダに生まれて ―ある日系ライターのものがたり(その1)
エッセイ 深尾幸市・・・『遅咲き(ブリギッタ)』シュティフテル 再読
この詩大好き 下前幸一・・・北代 色「字をおぼえてから夕やけがうつくしい」
この詩大好き 司 由衣・・・山村暮鳥「自分はいまこそ言はう」―静かな夕暮れの空に飛んでいく鳥
エッセイ 水崎野里子・・・吉祥寺物語(6)
マイ・フェイバリット・ミュージック 髙野信也・・・音楽と散歩と勘違い
PHOTO POEM 長谷部圭子・・・競演/尾崎まこと・・・MONEY
韓国現代詩の今 韓成禮 監修・訳・・・孫海鎰/朴城佑/辛承俊
                   金鍾泰日本語詩集『腹話術師』より

竹林館ブックス 三浦千賀子詩集『友よ、明日のために』
詩誌寸感 高丸もと子・・・受領誌から学ぶ 詩ってなんだろう