美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 新刊書 > 夢がたり、昔がたり

夢がたり、昔がたり佐藤勝太詩集

著者
佐藤勝太
サイズ
A5判
176ページ
製本
ソフトカバー
ISBN
978-4-86000-407-1 C0092
発行日
2019/03/10
本体価格
2,000円

個数  

 

 

 

佐藤さんの詩文は、尋常ではない正直さに貫かれている。 

 

それゆえの、ゆったりとした詩人の境地が私たちの胸を打つ。 

 

これほど気負いなく嘘のない詩はめったにない。 

 

これは、佐藤さんの17冊目の真新しい詩集である。 

 

ページを開けば、私たちの忘れた昭和と平成の懐かしい風が吹いてくる。

 

 

左子真由美)

 

  

 

 

 

--- 目 次 ---

 

 

I  とりまく風景

 

II  あのひと

 

III  我が国・戦争

 

IV 今、そして社会

 

V  ふるさと永遠

 

VI  夢がたり、生命(いのち)がたり

 

 

 

 

===========================

 

 

    遠い日の少年

 

    歩いていくと

    前は次々と展けてくる

    家並や樹木 花々が

    新たな景色で挑発する

 

    向こうを望むと

    耀く山巓の麓で

    遠い日の少年が

    手を上げて いる

 

 

===========================

 

 

 

 

著者について

 

佐藤 勝太(さとう かつた

 

1932年(昭和7年)岡山県矢掛町生まれ。佛教大学社会学部社会学科卒業。
◆所属 日本文藝家協会・日本詩人クラブ・ 関西詩人協会・兵庫県現代詩協会・尼崎芸術文化協会 など
◆詩集 『徽章』1963(自家版)/『エトセトラ』1986(再現社)/『黙示の人』1990(檸檬社)/
     『光と陰の間』1995(編集工房ノア)/『遙かな時』1999(編集工房ノア)/『時の鼓』2001(編集工房ノア)/
     『掌の記憶』2005(詩画工房)/『夕陽の光芒』2008(竹林館)/『陽炎の向こう』2010(竹林館)
◆歌曲(ひょうご日本歌曲の会で作曲・演奏された作品)
     「青い空」「スマイル人生」「宙のオーラ」「出発つ少年」「歌っていけば」「春を呼ぶ声」
     「タップで踊ろう」「ああ神戸」「四季の歌」 計9曲
◆ 展  「墨象と現代詩の出会いを求めて」「日韓合同詩画展」「関西詩人協会での毎年の詩画展」など
◆ 賞  「詩のフェスタひょうご知事賞」「兵庫県ともしびの賞」「半どんの会文化賞」
     「箕面市長賞」「日本詩人クラブ永年会員賞」など