美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > エッセイ・評論

エッセイ・評論

表示順:

41~50を表示中  (エッセイ・評論の数:52)

詳細へ

著者
小川和佑
ISBN
978-4-86000-102-8 C0095
本体価格
1,500円

追加  

よみがえる昭和ノスタルジイ 昭和の文学が描いた食は人間の生きる哀しみに満ちている。繁栄の現在の時間の、はるか半世紀の彼方にこの哀しみがある。しかし、その哀しみに立ち会い、涙を流した人々の多くは老い、死んでいった。やがて、小説や記録に書き残された文学という抽象的... 詳細

詳細へ

著者
平野栄久編著
ISBN
978-4-86000-86-2 C3395
本体価格
1,600円

追加  

 本書は姫路獨協大学の平野栄久先生の編のもとに、若き研究者の8人の先生方の論文集です。現代は文学や文学研究にとっては「冬の時代」かもしれませんが、若い研究者を育てていこうという熱意や暖かさ、若い先生方の文学への姿勢は、「春の時代」への第一歩を切り開くかもしれな... 詳細

詳細へ

著者
永井聿枝
ISBN
978-4-86000-71-4 C0092
本体価格
1,000円

追加  

  情熱が切り開く  情熱が人々の協力を吸いよせる  唐招提寺北原白秋歌碑建立までのいきさつと  それを支えた女性の自伝   熱望した白秋歌碑建立が現実となるまでの詳細な記録 「唐招提寺の白秋歌碑建立経緯」。古より続く名家の 家系を辿ると共に、自身の波瀾に満ち... 詳細

詳細へ

著者
松本 修
ISBN
978-4-86000-76-5 C0095
本体価格
1,400円

追加  

その夏、女の子はキレイで、男たちはアホだった。  高原に咲き競う恋。あぶれた男たち。そして宴の終わり……。  「ラブアタック!」 「探偵!ナイトスクープ」を  生み出したテレビマン・松本 修が、  1971年、大学4回生、21歳の夏に書いた、  みずみ... 詳細

詳細へ

著者
櫟原 聡
ISBN
978-4-86000-67-6 C3395
本体価格
1,400円

追加  

 本書は、主に関西の歌人を中心として、現代短歌の諸相を概観しようとしたものである。さまざまの歌書・歌集を通して、現代短歌がいかなる様相を示しているかに触れようとした試みである。 筆者は先に『万葉のひびき』を上梓したが、そこにも現代に繋がる問題意識をもつことに触... 詳細

詳細へ

著者
小川和佑
ISBN
978-4-86000-65- C0092
本体価格
1,400円

追加  

  花々と詩を愛する人に送る花歳時記。  12の月、24の花にちなんだ現代俳句の楽しい入門書。  私達の心には、意識するとしないとに関わらず、  いつも四季の花々が投影されてきた。  一月 福寿草 寒桜  二月 梅 椿、  三月 蒲公英 馬酔木  四月 桜 連翹 ... 詳細

詳細へ

著者
櫟原 聰
ISBN
978-4-86000-54-4 C3395
本体価格
1,400円

追加  

味酒三輪の山 あをによし奈良の山の……「万葉集を中心として、ことばや風土の古代性を考えながら、現代への道筋を辿ろうとした」(あとがきより)万葉の時代から現代に続く歌の道―。専門的解釈をやさしくかつ詳細に解説する。万葉集研究者必読。目次から第一章 万葉と... 詳細

詳細へ

著者
澤田禎夫
ISBN
978-4-86000-43-9 C0295
本体価格
800円

追加  

紀の国(木の国)=和歌山の山村で、日中戦争、続いて第二次世界大戦中に、「わらんべ」(子ども)だった筆者の生活体験。桑畑、薪作り、しゅろ皮剥ぎ、わら草履作り、米つきなどの子どもの山村での労働が、挿絵つきで描かれた感動の物語。目次から生い立ち 私の村と家、父が軍属... 詳細

詳細へ

著者
山本正雄
ISBN
978-4-86000-40-4 C0095
本体価格
2,000円

追加  

はかなかるいのちのおくにいだきもつそのかなしみはついに言はざらむその病身ゆえ短命を予感しつつ、純粋に誠実に人生を歩み続けた一人の教育者がいた。深い教養と真摯な教育観がうかがえる随想録や論文、児童への愛情あふれる訓話や詩、また愛する我が子への思いが胸を打つ短歌も... 詳細

詳細へ

著者
佐古祐二
ISBN
978-4-86000-24-2 C0095
本体価格
1,800円

追加  

第二次「四季」最後の詩人で映画評論家、杉山平一。その詩はモダンで機知に富み、人生への優しい愛に満ちている。彼の数多くの作品を鋭く分析し、その本質に迫る初の本格的詩人論。目次から* 第一章 『四季』と杉山平一*   第二章 作品論* 時代とのかかわり/戦争と詩/戦後にお... 詳細
41~50を表示中  (エッセイ・評論の数:52)