美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > エッセイ・評論

エッセイ・評論

表示順:

31~40を表示中  (エッセイ・評論の数:52)

詳細へ

著者
中野武志
ISBN
978-4-86000-185-8 C0095
本体価格
2,300円

追加  

<日本図書館協会選定図書>現代のモンテーニュ随想録 西欧モラリストの精神と日本随想文学の伝統から生まれた生きた強靭な思考、肯定的世界観はわたしたちを励ましてくれるだろう   * * * * * * * * * *    私とは    人間とは    言葉とは    宇宙とは    生きる... 詳細

詳細へ

著者
田中五雄
ISBN
978-4-86000-159-9 C0095
本体価格
900円

追加  

人生の岐路に立ったときほんとうに役立つ一冊 人生のベテランドライバーが語る教科書では教えなかったちょっと辛口の人生語録これで信号は青! 「心を開き、願い生きていれば大体のことはできる・実現する」 今までがんばりすぎてきた人は、もうちょっと肩の力を抜いてみたら?がん... 詳細

詳細へ

著者
山田郁生
ISBN
978-4-86000-154-4 C0095
本体価格
2,000円

追加  

人生、なお途次               (本文のことばより) 長く物理学や教育に携わってきた著者が古今東西におよぶ深い学識から、やさしい言葉で語りかける生きる勇気と知恵     < 目 次 >    晩年に想う   生きる―発達と退行―   〝抜けがら〟と本体... 詳細

詳細へ

著者
横山千女
ISBN
978-4-86000-150-6 C0095
本体価格
1,500円

追加  

人気ブログが本になりました!   ほんわか、幸せに生きたい   すべての人に贈ります。    正統派スピリチュアル書 読んでるうちに、こころが ねこのおなかのようにあったかくやわらかくなる本です。楽しみながらスピリチュアルのエッセンスがあなたのものに…。   ・... 詳細

詳細へ

著者
伏谷勝博
ISBN
978-4-86000-140-7 C0095
本体価格
1,300円

追加  

郷土(ふるさと)への思い エッセイで綴る河内風土記----------------------------------------------様々な歴史の舞台となった河内豊かな自然と文化を育んできた河内日本のふるさとでもある河内・・・失われようとしているなつかしい風景と記憶がここにある。 河内野・れんげ田・寺ヶ池・延命寺・... 詳細

詳細へ

著者
伊原正躬
ISBN
978-4-86000-124-7 C0095
本体価格
1,500円

追加  

甦る昭和の熱と青春 あなたはあなたを生きただろうか? 未来への希望や情熱がまだ生きていた1960年代。それは戦後日本の青春時代であった。本書は、時代の青春と個人の青春が重なった貴重な記録である。 二度とかえらない甘くて苦い季節の風が あなたの心の想い出のページを ... 詳細

詳細へ

著者
嶋﨑研一
ISBN
978-4-86000-120-9 C0095
本体価格
1,600円

追加  

天真爛漫で、あまのじゃく、いじらしくて、 かわいい赤ん坊のエピソードと成長記録。  うどんでも、味噌汁のお豆腐でも、手で食べ(満1歳)、 優しい人なら、からかい(2歳2カ月)、 知らない人には、寝た振りをする(2歳5カ月) 天気でも長靴を履き(2歳6カ月) 好... 詳細

詳細へ

著者
森 修
ISBN
978-4-86000-118-6 C0095
本体価格
1,200円

追加  

一昨年、2005年は戦後60年、日露戦争終了後100年という記念すべき年であり、明治維新後140年近くが経過した。この約140年にわたる日本の「近代」において、近代社会の時代理念である近代民主主義がこの日本において成立したのかどうか、ということを多少なりとも明... 詳細

詳細へ

著者
神田好能
ISBN
978-4-86000-112-5 C0095
本体価格
1,600円

追加  

   女性として、人間として   発信し続けるのは   日常のささやかな喜びと悲しみから生れたく   愛と平和希求のメッセージ   遠くからでなく、まるでそこにいて   語りかけてくれるように   どんな平和でも良い、どんな家族でも良い、どんなに貧しくても  ... 詳細

詳細へ

著者
門脇吉隆
ISBN
978-4-86000-108-7 C0095
本体価格
1,500円

追加  

始めるには少し遅いが、あきらめるには早すぎる走るのは楽じゃないけど…走るとわかることがいっぱいある人との出会い、自然の発見、新しい自分彼は力強く私の肩を叩いた。「もう着いたようなもんだ。君は勝ったんだ。         「ホノルルマラソン本番を走る」より ... 詳細
31~40を表示中  (エッセイ・評論の数:52)