美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌

詩歌

表示順:

31~40を表示中  (詩歌の数:165)

詳細へ

著者
清﨑進一
ISBN
978-4-86000-313-5 C0092
本体価格
1,000円

追加  

荒ぶるこころに……耳を澄ませば愛が聞こえる ここに流れているのは、間違いなく孤独のリズムに刻まれた優しさのメロディである。海は潮騒によって数億年間地球を洗い、新しくしてきた。同じような力で、読者は清崎進一さんの詩の世界に魅了されているうちに、いつしか心が... 詳細

詳細へ

著者
山本なおこ
ISBN
978-4-86000-309-8 C0092
本体価格
1,500円

追加  

KISHIMIWOTATERUJIKAN   山本なおこは、常にこころの中で甘美に旅支度をしている詩人のようにおもわれてくる。また帰り着くことのない車中の人のように想う。真実を求めてさまよえる仔羊のように、哀しいほど幸せな抒情を、文学の内部に豊かにたたえもっている。 (吉田定一 解説「た... 詳細

詳細へ

著者
清沢桂太郎
ISBN
978-4-86000-310-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

Kiyosawa Keitaro   人生を受けとめ、よりよく生きていこうとする詩。――――――――――――――――――――――――― 清沢さんは、「私の孫たちが、この苦しみで充ち満ちた人生を、少しでも前向きに捉えることができるようにという思いから」詩集を上梓したと語る。元来詩は、... 詳細

詳細へ

著者
三浦千賀子
ISBN
978-4-86000-308-1 C0092
本体価格
1,500円

追加  

あなたに伝えたいことがある。地下鉄の改札口で、体育館で、パソコン教室で、街角で・・・             出会いがあれば、今日という日は奇跡の一日          さりげないけれど、ひたむきな一日が          詩になった。          三... 詳細

詳細へ

著者
吉田叡隆
ISBN
978-4-86000-307-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

54の鐘の音が響き渡る―堂々たる人間賛歌   宇宙の曼荼羅に人生の曼荼羅を重ね、自己の位置を測定するジャイロスコープ。この詩集は氏の建てたもうひとつの伽藍といえるだろう。   氏の教養、人間性は、凡人の域を超えた人だけに、その詩心には、仏教の祈りがあり、現実の... 詳細

詳細へ

著者
門林岩雄
ISBN
978-4-86000-300-5 C0092
本体価格
2,000円

追加  

門林ワールド・セカンドステージ「生きる」へようこそ。   ひたむきな生と性を綴る、物語詩「生きる」男と女の会話が編んでいく人間曼荼羅絵図禅の形に似てくる短詩(言葉が座禅を組んでる短詩)ユーモアに哀愁が漂う……短歌・俳句の5音7音の必然性とこれら伝統的韻律... 詳細

詳細へ

著者
詩・吉田定一/版画・田中 清
ISBN
978-4-86000-296-1 C0092
本体価格
2,300円

追加  

奇妙で不思議で愛らしい野菜たちの色・形・匂い・気配…ふき、さやえんどう、じゃがいも、なすび、みょうが、とうもろこし…おいしい生きざまのまんま朝な夕なの歌が聞こえる                                ふきのうた さらさ... 詳細

詳細へ

著者
中西衛
ISBN
978-4-86000-299-2 C0092
本体価格
2,000円

追加  

20年余の沈黙から現れた美しいことばの波形 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 静寂の中にかすかな動きを感じとる、それはそこにないものの気配かもしれないし、または、ないように見えて本当は在るものの佇まいかもしれない。その気配が... 詳細

詳細へ

著者
榊次郎
ISBN
978-4-86000-298-5 C0092
本体価格
2,200円

追加  

遠く離れた南の島に住む友を思い浮かべる時思いはいつも私の心の中でたゆたうもう島では冬のホタルが飛んでいる頃だろう 30数年の空白の後に編んだ第3詩集 Ⅰ 愛おしい球形Ⅱ 秋色に恋してⅢ 寝てはならぬⅣ 時空旅行Ⅴ 銀河鉄道のコールサック ・‥‥・‥‥・‥‥... 詳細

詳細へ

著者
岩井 洋
ISBN
978-4-86000-297-8 C0092
本体価格
2,000円

追加  

待望の新詩集・゜゜・*:.。..。:*・゜ 地下には私たちの知らないもうひとつのドラマがある 私たちの命を支えるその地下水道に寄り添った詩人がいる 端正な眼差しと熱い心で綴られた地下世界の水の音を聞こう   新たな地平に向けて歩き出した詩人の足跡。「モノクロの画像に」「パリ... 詳細
31~40を表示中  (詩歌の数:165)