美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌

詩歌

表示順:

21~30を表示中  (詩歌の数:165)

詳細へ

著者
山本なおこ
ISBN
978-4-86000-332-6 C0092
本体価格
1,500円

追加  

      Andante Cantabile         山本さんは、その累積の、ことばでは収まりきれないもの(ポエジー) を掬い取り、ことばによって感じさせることができる詩人である。 哀しみの大地、闇の大地から歓びの美しい花を咲かせ、生命の蝶を飛び 立たせることができる真の... 詳細

詳細へ

著者
柿本香苗・詩/ 川上裕己・絵
ISBN
978-4-86000-328-9 C0092
本体価格
1,200円

追加  

      〈第21回三越左千夫少年詩賞受賞〉        ことばは楽しい   絵は楽しい   ことばと絵は   もっと楽しい           ペンをもつと ボクね   空をとべる   ペンをもつと   海にもぐれる   ペンをもつと   こころドキン   ... 詳細

詳細へ

著者
長岡紀子
ISBN
978-4-86000-324-1 C0092
本体価格
1,500円

追加  

★。+。゚・‥…―━――…‥・‥…――━―…‥・゚。+。★   招待状   樹の踊り・花々の踊り・子どもの踊り 魔女の踊り・水の踊り・風の踊り 精霊の踊り・言霊の踊り ・・・そして 詩人・長岡紀子の生涯の踊り   詩集は踊りの舞台 詩は生命の舞踏   ★。+。... 詳細

詳細へ

著者
方韋子
ISBN
978-4-86000-326-5 C0092
本体価格
1,000円

追加  

Kataiko   ―詩人であるという喜び― その喜びが素直に溢れている第一詩集     詩を読む喜び、書く喜びもあろうが 詩を生きてきた喜び、詩を生きている喜び いかにこの世の道が荒れており、すれ違いばかりであるとしても あなたに立ち止まり、言葉の花束をそっと差し出すこと... 詳細

詳細へ

著者
永良弘市朗
ISBN
978-4-86000-323-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

Nagara Koichiro   詩人永良弘市朗は、文学的求道者である。市井の中に深く沈んで、 人生の喜怒哀楽を、平易な日常的言葉ですくい上げている。 詩はなんでもない言葉で、なんでもない日常的意識を超えた世界を 表現する営為だが、詩人は七十数年の人生をこの道一筋に生きてきた。 その... 詳細

詳細へ

著者
関西詩人協会/編
ISBN
978-4-86000-321-0 C0092
本体価格
2,000円

追加  

関西詩人協会 日本語・英語アンソロジー   A Japanese-English Bilingual Anthology of Poetry From  Kansai Poets' Association   2000年から始まった3年ごとの翻訳詩集。 左に英語詩、右に日本語詩。 関西詩人協会から世界へ―      ここに収められた作品はアジア大陸の東に位置する日... 詳細

詳細へ

著者
柏原充侍
ISBN
978-4-86000-322-7 C0092
本体価格
2,000円

追加  

Mitsuji Kashihara   こころは 見えない風 詩人・柏原さんが世界に 言葉の花を蒔くとき 美しい風が見える。   (尾崎まこと)         言葉は     どこから詩になるのだろうか     あなたのために。     詩は     いつから祈りになるのだろうか     わた... 詳細

詳細へ

著者
有馬 敲
ISBN
978-4-86000-318-0 C0092
本体価格
2,400円

追加  

      あなたへ   ことばを繋ぐ   あなたに   いのちを繋ぐ       ――――――――――――--------------------------------------------------       ううう うううう わあん わあん   わあん わあん わあん わあん   ううううう ううう わあん   ... 詳細

詳細へ

著者
外村文象
ISBN
978-4-86000-319-7 C0095
本体価格
1,500円

追加  

      あの詩人の素顔が見える! 人間味あふれる文学交遊録   ―――――――――――――――        琵琶湖の近くで育った外村文象は伝説的な商人の里で、      ふと文学の路を見つけた。以後、来し方を振り返り、      ゆかりの先人の生き方、知己... 詳細

詳細へ

著者
稲垣和秋
ISBN
978-4-86000-314-2 C0092
本体価格
2,000円

追加  

詩の前衛を求めるよりも詩の原点を求めて―― もう一度逢いたい人の面影を追って、10年ぶりに訪れた場所には・・・「さようなら 帰らぬ日々よ」、出兵する前日の父との記憶「麦わら帽子」、飢えた子らが夜空を見上げる姿を描く「星屑」など29編。      ──────────... 詳細
21~30を表示中  (詩歌の数:165)