美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌

詩歌

表示順:

141~150を表示中  (詩歌の数:165)

詳細へ

著者
奥村和子
ISBN
978-4-86000-114-1 C0092
本体価格
1,200円

追加  

甦る王朝絵巻   詩になった1000年のロマン  恋に生き、恋に死んでいった源氏物語の女たち。  それは現代の女たちのなかに生きつづけている。   あはれに妖しく   あでやかにくっきりと  詩人は、紫式部の抒情に  フェミニズムの光をあてて  新しく描き出した紫... 詳細

詳細へ

著者
晴 静
ISBN
978-4-86000-0- C0000
本体価格
1,200円

追加  

 かそけきこころの四季  花から蝶が、枝から小鳥が飛び立つように  詩が生まれ羽ばたいてゆくとき…  風景に浮かび上がる  そのひとのシルエット   心の四季をやさしく紡ぎながら   語りかける秘めやかな言葉たち  「朝霧」より  赤いマフラー 暖かそうに... 詳細

詳細へ

著者
関西詩人協会
ISBN
978-4-86000-115- C0092
本体価格
2,500円

追加  

   関西詩人協会の会員の詩が、全世界へ発信!   2000年に英訳詩集、2003年にフランス語訳詩集。   さらに今年、2006年、再び英訳詩集を刊行!   実に68名の作品が、日本語と英語で掲載されている。   右から開けば、日本語の詩。左から開けば英語の詩。   英語は国... 詳細

詳細へ

著者
神田好能
ISBN
978-4-86000-113-3 C0092
本体価格
1,600円

追加  

   母のようにやさしく   大地のように強く   ふるさとのように暖かく   少女のように可憐に   豊かな表情で謳いかけるポエジー     真夏日は続く  朝の早いボスの甘え声は五時  ほんのかすかな声なのに  夫はしれにこたえて  いそいそ嫌々か起きる ... 詳細

詳細へ

著者
岡本真穂
ISBN
978-4-86000-109-5 C0092
本体価格
1,600円

追加  

   岡本さんのこの詩文集に吹いているのは   伝統とモダンの交差する神戸の抒情の風だ神戸という花の香りのエッセンスを閉じ込めた香水瓶のように           ※      じんじんと胸にひびくことばは   生きる喜びとかなしみを謳いあげる特攻の花   行... 詳細

詳細へ

著者
有馬 敲編著/ジャック・ラローズ訳
ISBN
978-4-86000-100-1 C0092
本体価格
1,800円

追加  

収録詩人〉   杉山平一・御庄博実・茨木のり子・辻井 喬   大岡 信・白石かずこ・谷川俊太郎・有馬 敲   原子 修・石川逸子・芝 憲子・堀内統義   左子真由美・佐古祐二・古賀博文~『海潮音』から百年、今極東からの返し波として~上記15名の詩人の方々が参加... 詳細

詳細へ

著者
椛島豊・恭子
ISBN
978-4-86000-99-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

生きることへの恋文 夫から妻へのラブレターは、同時に家族への、廻りの人々への、 また時代へのラブレターでもある。 男は、反戦・平和を願うこころを気骨を込めて歌い、女はたお やかな優しさで願う。住んでいる世界が狭すぎるぬるま湯に浸って古い歌ばかり うたうのを止め... 詳細

詳細へ

著者
中尾彰秀
ISBN
978-4-86000-97-8 C0092
本体価格
2,000円

追加  

百千万の静けさ     凝縮された     たった一つのそれ詩人の喪失感はヒトが逃れえぬ予兆でもあり詩は穢れないがゆえのさびしさをもたたえている。が・・・エイッとどっこい吹き飛ばせ!宇宙の臍の緒をわしづかみにするこの筆致の迫力。平和を願うこころを込めた空前の大... 詳細

詳細へ

著者
ときめき屋正平
ISBN
978-4-86000-89-7 C0092
本体価格
1,500円

追加  

  平和への願いは 平和の香りは  こどもたちの成長への願い。じっくりと  伝わって来る言葉はやさしい野の花のようだ。 おおらかな二人の孫への愛と、信実な平和への願いが、読者の胸を打つ!       おいしい音  梨を食べていると  おいしい音を 聞いて とい... 詳細

詳細へ

著者
左子真由美
ISBN
978-4-86000-91-9 C0092
本体価格
1,500円

追加  

  誰かを愛したら、そっと開いて  みてください。手帖のように、  あなたのそばに置いて。恋をしている大人と恋を忘れた大人へあなたのひつじさんはどこに?       宣言*デクララシオン  よるのそらには  たくさんのせいざがあって  みようとするひとにだけ ... 詳細
141~150を表示中  (詩歌の数:165)