美しい本作りならおまかせ下さい。自費出版なら「竹林館」にご相談下さい。

出版社 竹林館  ホームへ戻る

  • お問い合わせ06-4801-6111
  • メールでのお問い合わせ
  • カートの中を見る
ホーム > 詩歌

詩歌

表示順:

131~140を表示中  (詩歌の数:165)

詳細へ

著者
尾崎まこと
ISBN
978-4-86000-137-7 C0092
本体価格
2,000円

追加  

たとえば、空の向こうがわ    詩は「何か」ではなく、「誰か」である。      新しい抒情へ 詩のルネサンス ☆.。.:*・゜ -=-=-=-=-=-「カメラ・オブスキュラ」とはラテン語で「暗い部屋」の意味、カメラの語源小孔またはレンズのついた暗箱で、写真機発明以... 詳細

詳細へ

著者
中尾彰秀
ISBN
978-4-86000-130-8 C0092
本体価格
3,000円

追加  

マグマとなって 噴出する 詩人の魂は聖性を帯びた 癒しの 風を 巻き起こす 南方熊楠へのオマージュと称された、ピアノインプロヴィゼイション13曲入りCD付き。前代未聞、詩人による詩を譜にしたヒーリングクラシックピアノソロをぜひお楽しみ下さい。 おーむまにぺむふーむ ... 詳細

詳細へ

著者
牛島富美二
ISBN
978-4-86000-132-2 C0192
本体価格
800円

追加  

人は時の流れを下る一艘の抒情の舟である。その風景は絶景である必要はない。  ラムネ振る記憶の底の酷暑かな 詩人のこころ優しい詩句にみちびかれながら言葉の旅をしていると静かな感動とともに時の流れに刻まれていくのが風景ではなくてむしろ私たちであるというコペルニクス的... 詳細

詳細へ

著者
村田辰夫
ISBN
978-4-86000-135-3 C0092
本体価格
1,500円

追加  

江戸・元禄時代から伝えられている「大津絵」を今に甦らす現代詩ユーモア、風刺、方言を盛り込んだ戯れ歌大津絵画賛の詩 江戸は元禄の時代から滋賀県大津に伝わっている「大津絵」。その大津絵をモチーフにまとめられたユニークな詩集です。中には大津絵の楽しい絵がカラーやモノ... 詳細

詳細へ

著者
晴 静
ISBN
978-4-86000-133-9 C0092
本体価格
1,200円

追加  

待ちどおしい   あいたい    イトオシイ…    その日が    その瞬間が     そのすがたが…         とても とても は         小鳥のかたち        つぼみのかたち           そして         望みのかた... 詳細

詳細へ

著者
原 圭治
ISBN
978-4-86000-127-8 C0092
本体価格
1,800円

追加  

第一詩集のはじめに置かれたこの詩が、予言しているかのように、孤立ではなく「連帯への強い意志」が詩人の58年間に渡る詩業を支えている。これを可能にしているのは、氏の自・他を相対化する批評の眼、動かしがたい土塊(リアル) を見つめる眼、そのむこうの太陽(時代の希望... 詳細

詳細へ

著者
蔭山辰子
ISBN
978-4-86000-125-4 C0092
本体価格
2,000円

追加  

風景の後ろに見え隠れするもうひとつの風景から 鳥のように詩が飛び立つ。 深い思いをさりげないことばに託して謳う詩人。 かわいい童謡のような詩やきっぱりした反戦平和の詩もあり、 読者を感動させ、楽しませてくれます。    ころころころろ なんの音    ころころ... 詳細

詳細へ

著者
水崎野里子・左子真由美編
ISBN
978-4-86000-128-5 C0098
本体価格
2,500円

追加  

日本の詩人により、反戦・平和への願いを世界へ対訳方式ではない、英語詩のアンソロジーを世界に発信 本書は、10人の著者(郡山直、伊原五郎、川端律子、木村淳子、水崎野里子、小川聖子、岡隆夫、多喜百合子、矢口以文、吉村伊紅美の各先生)の英語だけによるアンソロジーです。... 詳細

詳細へ

著者
佐古祐二
ISBN
978-4-86000-123-0 C0092
本体価格
2,300円

追加  

ラス・パルマス」とは、フラメンコで手を高く上げて強く打ち鳴らす動作がありますが、その時の拍手のことを言います。 著者はご自身の病気のこともあり、ギリギリの所から歌った生命への讃歌、そこから来る反戦・平和への気持ちを歌っています。幅広い作風は読者を広く包み込むこ... 詳細

詳細へ

著者
藤谷恵一郎
ISBN
978-4-86000-121-6 C0092
本体価格
2,000円

追加  

ああ われに願いはあれど   祈りを知らず  (「祈り」より) 散文のことばでは こぼれ落ちてしまう生がある。 それを掬いあげ 放棄しない誠実さ。 神なき時代の 我々の祈りとして これらの詩篇は 成立している。小鳥  私の棲家に陽は当たらない  でも早朝  裏の... 詳細
131~140を表示中  (詩歌の数:165)